長く安全に使うことが大切!太陽光発電を導入する際の注意点を学ぼう!


発電設備の置き場所選びには注意が必要

太陽光発電は専用のソーラーパネルに日光が当たることで電気が作られる設備です。基本的にはソーラーパネルと発電用の機器があれば電力を確保できるので、設備を小規模にまとめることができます。設備の小型化によって個別に太陽光発電を導入することが可能なことから、大掛かりな送電施設を置く必要がありません。従来の発電方法とは異なり、大規模な施設に依存せず電気を得られるのが大きな利点です。ソーラーパネルは薄型で軽量な作りになっていることから、建物の屋根や壁に取り付けて使用しているケースが多数あります。しかし、軽量であっても複数枚を置くと建物への負荷は非常に大きくなってしまうのでその点は注意しなければいけません。

発電効率の変動を把握することが大切

日光で電気を作る太陽光発電は二酸化炭素や放射性物質の発生が無いのが大きな利点ですが、その一方で電力供給の安定性が低い欠点もあります。太陽光発電は天候の影響を受けやすく、太陽が雲に隠れただけで発電量が大きく落ちてしまうのです。また、ソーラーパネルに汚れや雪が付着すると日光が当たっても発電効率が低下します。安定した発電を行うには天候の変化が起きにくい場所を選ぶと共に、ソーラーパネルのメンテナンスをこまめに行うことが重要です。また、経年劣化によるパネルの性能の低下も発電効率を下げる理由のひとつなので、耐用年数を過ぎる前に設備交換を行う必要があります。太陽光発電はクリーンな電気エネルギーを得られる一方、設備の維持コストを個人で負担するケースが多いことから慎重に考えたうえで導入の可否を決めることが大切です。

かなりの金額のかかる太陽光発電の価格は、インターネットを使って情報を収集して比較検討してみると良いでしょう。