購入よりリースがいいのはどんなとき?リースのメリットを知っておこう!!


一度に大量に入れ替えるならリース

パソコンはどんどん低価格化が進んでいて、一般的に使えるものなら一台10万円以下でも買えるでしょう。個人で買おうとすると多少高いと感じるかもしれませんが、企業であれば経費で落とせるので負担は少なそうです。しかし社内にあるたくさんのパソコンを一度に買い替えようとするとかなりの購入費用がかかり資金繰りを圧迫する可能性があります。そこで、利用したいのが法人パソコンのリースです。毎月支払うのはリース料金で、本体価格に利息を加えた金額をリース期間中支払い続けます。耐用年数が5年であれば60回分割払いになるので、一気に購入するのに比べると支払いの負担を減らせるでしょう。ただし購入に比べると総支払額が増えるので、総額重視なら購入も検討しないといけません。

開発向けパソコンはリースで調達

パソコンは毎年性能アップした製品が発売されていて、処理速度やデータの保存領域などがどんどん使いやすくなっています。会社において事務処理のためのパソコンなら数年は使い続けられるでしょうが、システム開発やデザイン等クリエイティブな仕事をする人なら常に最新のパソコンを使ったほうが効率的です。会社などで導入する法人向けパソコンは、開発者向けの時はリースでの調達を検討しましょう。購入だと減価償却期間が終わるまで買い替えが難しいですが、リースであればリース期間が終われば次の機種に変更できます。一般的なパソコンよりもリース期間を短くしておけばすぐに最新のものに変えることができて、作業効率アップにつなげられるでしょう。

ビジネスパソコンは高い品質もさることながら、コストパフォーマンスに優れていることも必要です。経費削減につながることが求められます。