事業継承のポイント!専門のチームを作ること!


事業継承には専門のチームが必要

時間も労力もかかるために事業継承には専門のチームを作ることが望ましいです。計画を立てて、教育をし、継承の実行までにかかる時間は数年単位でしょう。そのため、専門チームをそれぞれの分野に分けて、継承までのロードマップを作成する必要があるのです。事業継承にはこれだけをすれば良いということはなくて、幅広い分野をすべて網羅することが重要になります。その方策を与える側は受けとる側の何倍も努力することがあります。それを考えると専門のチームでなければ難しいことが分かるでしょう。また、専門のチームがあることで未来の候補生たちが安心するという面があります。実際に事業継承できるのかという不安を払拭する存在になるからです。

専門チームは古参のメンバーを集める

事業継承で受け継いで欲しいものに表面的な経営ノウハウというものよりも、会社のスピリットや愛社精神などがあります。そのスピリットを体現しているのが会社に長年いる古参のメンバーでしょう。そのメンバーが専門チームに入ることで、その存在だけでも教えられることがあるのです。実体験や経験を後世に残すことができるとしたら、体験者が語るのが一番説得力があるでしょう。また、古参のメンバーしか知らない会社の歴史があります。表沙汰にしてこなかった歴史は経験者から話を聞くことで、受け手側には学ぶことが多いです。そのような裏の歴史を知らなければ同じ轍を踏む可能性があるのです。リスクを回避するためには経験から学ぶことが重要になります。その経験を語るなら古参のメンバーが適任でしょう。

事業承継と言えば、これまでは子どもや兄弟といった親族が主な後継者候補になっていましたが、 それに限ると選択範囲が狭くなります。