できる経営者は知っている! M&Aの基礎知識


そもそもM&Aとは?

M&Aは、merger & acquisitionの頭文字をとった用語で、合併と買収を意味します。複数の企業がひとつの組織になったり、企業まるごと、あるいは事業の一部を買い取ったりする行為です。M&Aを行う理由はいくつかあり、よくある理由は「競争力の強化」です。国内外のライバル企業との競争を考慮して、自社に足りない要素(技術)を持った企業が組織の再編成を目指します。シンプルに自社の競争力を高めていく選択肢もありますが、M&Aにより技術や販売ルートなどを短期で手に入れられる可能性があるのです。M&Aを行う理由として、「後継者を見つけるため」もあります。中小企業のなかには、業界内で一定の存在感を持ちつつも社長の高齢化で後継者がいない問題があります。そのような企業の救済策としてM&Aが検討されるのです。

M&Aの相手はどう探すのか

M&Aの相手は、基本的に同じ業界の企業から候補を探します。経営者どうしの結びつきのなかで、候補を探せるはずです。M&Aは一般的な業務提携とは異なるため、話し合いが長期にわたる可能性もあります。M&Aを検討しているなら早めに候補となる企業にアプローチするとよいでしょう。候補が見つからない場合、あるいは異業種間でのM&Aに興味がある場合は、M&Aを仲介してくれる企業に相談してください。このような企業にはM&Aを検討している企業が複数登録されていて、適切な企業を紹介してくれます。サービス内容は企業により異なりますが、M&Aを実現するための基礎的な交渉を代理で行ってくれる例もあるため、シンプルに企業間で話し合いを始めるよりも成功率が高くなるかもしれません。

M&Aとは、複数の会社が合併したり、ある会社が他の会社を買収することをいいます。そのメリットは、事業規模の拡大や事業の多角化ができる、新規事業への参入がしやすい、従業員の雇用確保ができる等があります。