白色及び青色確定申告のメリットと相違点とは!


個人事業主は白色及び青色申告を選ぶ必要があります

個人事業を行なって、事業所得が存在している場合、確定申告を実施することが不可欠です。個人事業主は白色申告及び青色申告のいずれかを選択して敢行することになります。おのおのでメリットとデメリットがありますので、自分自身にはいずれが向いているかを見定めて選択しましょう。しかしながら、ここ最近は白色申告のメリットは減りました。かつての白色申告は、記帳の負担が少ないという利点があったのですが、現在はもうそのプラスの面はありません。

青色申告を行うメリット

現在では白色申告においても事業所得があるケースでは記帳義務があるとされています。要するに、青色申告とさほど記帳の負担の差異がなくなったということになります。それならば青色申告を選んだ方が良いに見なす人が増加しています。青色申告は青色申告特別控除を受けることができます。これについては売上より65万円控除できる制度です。課税の対象である所得を65万円減少できるというわけです。このことより事業所得に掛かってくる所得税を軽くできます。それと引き換えに、複式簿記による記帳が求められます。それから、青色申告は青色申告特別控除にとどまらずメリットが数多くあります。1つの例として、青色申告者は赤字を次の年以降に繰り越せます。その結果、赤字が生じた次の年に黒字になったケースでは、赤字損失分を経費という形で計上できます。このことで、黒字が生じた年の課税額を減少できます。加えて、青色事業専従者を雇うことができることも利点といえます。ファミリーを社員として雇えます。ファミリーに払う給料を経費という形で計上できます。

青色申告とは年間に生じた所得金額を正しく計算をして、保管しておくことです。それには収入金額や必要経費に関する日々の記録を保管していることが大切です。