会社で役員用の運転手を雇うならどの方法が良いか


派遣というスタイルで雇う

大企業なら役員のために運転手を一人雇うのは容易いことでしょう。しかし、中小企業で役員に一人運転手を雇うとなると、まず人件費のことを考える会社は少なくありません。運転手として人を一人正社員で雇った場合、年間ベースで人件費を考えるとかなりの金額になるでしょう。一年中、運転しているわけではありませんから、中小企業にとってはかなりの痛い出費に繋がります。しかも、雇ったとしても最初は研修を行ったりしますから、一人前のドライバーとして活躍できるのは少し時間がかかります。しかし、どうしても役員用の運転手を一名何とかしたいなら、派遣という形でドライバーを一人雇うのが良いでしょう。このスタイルならもともとドライバーとして実績を積んでいる人を派遣してもらうので、初日から一人前のドライバーとして働いてくれます。わざわざ研修で時間をとる必要がなくなります。

短期間でも長期間でも対応してくれる

派遣でドライバーを雇う場合、スポットでも利用できますし、長期契約も可能な会社が多いです。これなら、使いたい時だけドライバーを派遣してもらって費用を支払うわけですから、無駄遣いになりません。従業員を一人正社員で雇ってしまったらこうはいきません。スポットで派遣してもらった方が単価は高くなりますが、無駄な時間がなくなるため正社員を雇うよりだいぶリーズナブルな料金になるでしょう。いくつかのドライバー派遣会社がありますが、実績が優れているドライバー派遣会社から雇うのが安心です。

運転手の派遣なら、経験豊富なドライバーが多くいるところがおすすめです。最適な人材をどこよりも早く調達してくれるのがいいです。