引越しの片付けをスムーズに!上手な段取りの立て方とは?


ステップ1・不用品を処分して必要なものだけを残す

引越しの片付けを効率的に進めるために、まず最初に段取りを立てましょう。3つのステップに分ければ、面倒な作業がシンプルになって片付けがはかどります。まず最初に行うのは、不用品の処分です。新居に持ち込まないものをゴミに出したり不用品回収業者に依頼して処分してもらいます。作業に入る前に要るものと要らないものに分けておくと、頭がクリアになって片付けがしやすくなります。もしも、どちらに分類したら良いかわからないものがあったら、保留分として別のエリアに集めておくことをおすすめします。どうするかすぐに決められなくてもそのまま新居に運べば良いだけなので、深刻に考える必要はありません。

ステップ2・すぐに使わないものから梱包する

引越し当日まで明らかに使用することがない荷物は、すぐに梱包して片付けてしまいましょう。具体的には、扇風機やストーブなど季節ごとに使用頻度が異なるものです。その時期に着用しない衣類も梱包してしまいます。新居で必要な荷物を探しやすいように、ダンボールなどの梱包資材に具体的な品目を書き込んでおくことも大事です。使わないと思っていたものが緊急に必要になる場合も考えられるため、ガムテープで完全に封はせずいつでも開けられるようにしておきます。

ステップ3・当日に直前まで使っていたものを梱包する

引越しの当日には、直前まで使用していた布団などを梱包します。梱包資材が足りずに慌てることがないように、事前にシミュレーションをしておきましょう。残りの荷物が予想外にかさばる場合もあるため、ダンボールは多めに用意しておきます。こういった荷物は、新居でも一番最初に使用するものです。すぐに取り出せるように、わかりやすい目印をつけておくことをおすすめします。

急に引っ越しをしなければいけない時があります。そんな時に荷物の処分を不用品の回収をしてくれる業者に頼むと助かります。